HOME > ユケンの技術 > PVD:バリエーション

PVD(機能薄膜)

コンテンツリスト

  • Yコートとは
  • ユケンの特長
  • 新商品情報
  • バリエーション
  • 効果事例
  • ユケンの技術

製品Q&A

お問い合わせ

Yコートに関するお問い合わせは、以下の工場・営業所に直接ご連絡下さい。(クリックで別ウィンドウが開きます。)

製品のバリエーション

Yコートバリエーション

用途にあわせ、型素材だけでは足りない機能を、8種類のコーティング皮膜と、複合処理(タイプK+Yコート)からご提供します。

用途:冷間鍛造・プレス
膜厚:2μm
硬度:2,200 Hv
酸化温度:400℃

用途:冷間鍛造・プレス
膜厚:2μm
硬度:2,800 Hv
酸化温度:300℃

用途:冷間鍛造・プレス・温熱間鍛造・ダイカスト
膜厚:5μm
硬度:1,800 Hv
酸化温度:600℃

用途:温熱間鍛造・ダイカスト
膜厚:7μm
硬度:2,200 Hv
酸化温度:800℃

用途:冷間鍛造・プレス
膜厚:3μm
硬度:3,300 Hv
酸化温度:400℃

用途:プレス
膜厚:3μm
硬度:3,500 Hv
酸化温度:400℃

用途:冷間鍛造・プレス
膜厚:3μm
硬度:3,500 Hv
酸化温度:1,200℃

Yコート タイプBL

用途:プラスチック成形
膜厚:1μm
硬度:2,500 Hv
酸化温度:500℃

タイプK+Yコート処理

金属素材に硬化処理(タイプK)を施し、その上からYコートを被覆する複合処理です。

『素材硬化+Yコート』の相乗効果により、今までのイオンプレーティング皮膜以上の効果が得られます。

[特長]
・耐摩耗性・耐かじり性、軟化抵抗、耐疲労性などの向上。
・寸法変化もYコートのみと同様。

[注意事項]
・ステンレス、超硬合金等、硬化層が拡散しづらい素材につきましては、十分な効果が得られない場合がございます。

母材表層が硬くなることで、異物やバリがくい込み難くなります。
また、くい込みによる母材の変形も小さく済むので、コーディング皮膜も追従しやすく、皮膜のチッピング破壊が低減されます。

Yコート膜種と適応分野

膜種 膜厚 膜硬度 耐熱温度 冷間領域 熱間領域 樹脂金型
鍛造 プレス 鍛造 プレス
タイプN(TiN) 2μm Hv2,200 400℃ × ×
タイプCN(TiCN) 2μm Hv2,800 300℃ × ×
タイプR(CrN) 5μm Hv1,800 600℃
タイプC 7μm Hv2,200 800℃
タイプV 3μm Hv3,300 400℃ × ×
タイプG 3μm Hv3,500 400℃
タイプAⅡ 3μm Hv3,500 1,200℃
タイプBL 1μm Hv2,500 500℃

上記膜厚はパンチ片肉分への膜厚になります。ダイス上面へは上記の2倍量となります。
ダイス内径への着膜量は内径寸法・形状によります。


よくあるお問い合わせ

Yコートに関するよくあるご質問をご用意しています。ご確認下さい。

弊社へのお問い合わせ

Yコートに関するご質問などは、以下の工場・営業所までお気軽にお問い合わせ下さい。

高棚工場(営業・技術・生産)
東京営業所(営業)
北関東営業所(営業)
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る