HOME > ユケンの技術 > PVD:効果事例

PVD(機能薄膜)

コンテンツリスト

  • Yコートとは
  • ユケンの特長
  • 新商品情報
  • バリエーション
  • 効果事例
  • ユケンの技術

製品Q&A

お問い合わせ

Yコートに関するお問い合わせは、以下の工場・営業所に直接ご連絡下さい。(クリックで別ウィンドウが開きます。)

効果事例

各種加工におけるYコート効果事例

Yコート処理による各種加工の効果事例の一部を下記にご紹介します。
コーティング技術の知識と過去の実績から、お客様のご用件に合わせて、最適な表面処理をご提案致します。
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

冷間鍛造加工における効果事例1

テーマ

穴成形パンチの寿命安定

型名称:穴形成パンチ 型材:超硬V30相当
ワーク材質:SCM サイズ:Φ20×25mm
表面処理:CVD-TiCN  
問題点 ・CVD-TiCN処理の場合はパンチの折損により寿命のバラつき(100~150,000ショット)が大きかった。
対策 ・皮膜の残留応力が圧縮応力で常に一定であるイオンプレーティング法のYコート タイプCN (TiCN) に変更。
効果

・寿命が安定化し、トータルで経費低減となった。

圧縮応力の安定効果

冷間鍛造加工における効果事例2

テーマ

歯型パンチの寿命向上

型名称:歯型パンチ 型材:SKH51
表面処理:TiCN  
問題点 ・摩耗により、10,000ショットでNG。
対策 ・窒化処理の追加 Yコート タイプKCN (窒化+TiCN) によって摩耗対策。
効果

・4倍の40,000ショットまで寿命延長。

複合処理による対摩耗性の向上

冷間鍛造加工における効果事例3

テーマ

自動車部品穴抜きパンチの寿命改善

型名称:穴抜きパンチ 型材:HAP72
ワーク材質:SWCH10R 成形方法:フォーマー
表面処理:Al系皮膜  
問題点 ・13万ショットでランド部のカジリ摩耗により寿命となっており、型交換頻度が高い。
対策 ・加工時の摺動発熱による劣化を抑え、面平滑性が高く耐摩耗性に優れる Yコート タイプAⅡ をコーティング。
効果

・耐熱性・耐摩耗性が向上し摩耗が抑えられ型寿命が大幅に向上。

板金プレス型における効果事例1

テーマ

ボディーピラーの切断工程における寿命向上

型名称:切り刃 型材:SKD11
ワーク材質:めっき鋼板 板厚:1.4mm
表面処理:TiC(CVD)  
問題点 ・TiC(CVD)処理では8,000ショットでクラックが入り、寿命。
・肉盛り溶接後の再処理が不可能。
対策 ・欠けた部分の肉盛り修正を実施。
・TiCと同等の膜硬度(Hv3,300)の Yコート タイプV をコーティング。
効果

・従来の3倍以上の30,000ショットまで寿命延長。
・溶接による型修正後も、リユースが可能。

皮膜の塑性向上による欠けの抑制制御。溶接上へのコーティングが可能

板金プレス型における効果事例2

テーマ

SUS加工における寿命向上

型名称:絞りダイス 型材:SKD11
ワーク材質:SUS40 板厚:1.5mm
表面処理:TD処理  
問題点 ・TD処理ではSUSカスによる溶着、かじり等が発生し、1ヶ月程度でメンテナンス(磨き)が必要。
対策 ・SUSの溶着対策としてCrNを選択。
・かじり対策として窒化処理との複合処理( Yコート タイプKR )
効果

・TD処理では約1ヶ月でメンテナンスが必要だったが、窒化処理+CrNは半年間ノーメンテナンスで使用可能。
・かじりの発生もなし。

CrNによる耐溶着性、複合処理による耐かじり性

プレス型における効果事例3

テーマ

プレス型の型寿命改善

加工工程:絞り工程 被加工材:440
金型鋼材:SKD11 成形設備:1,000t
加工速度:18spm 表面処理:TD処理
寿命:39,000~150,000ショット  
問題点 ・TD処理による寸法変化により型寿命にバラつきが発生。
対策 ・寸法変化が少なく硬度・平滑度に優れる Yコート タイプKG をコーティング。
効果

・寸法変化問題が解消し安定生産ができるようなり型寿命も大幅向上。

プレス型における効果事例4

テーマ

ミッション部品の絞り工程における寿命向上

型名称:絞りダイス 型材:SKD11
ワーク材質:SPH440 潤滑:加工油
表面処理:Al系皮膜  
問題点 ・20,000ショットで製品に転写する程度のカジリ摩耗が発生してしまい、キズが深いためにリユースもできなかった。
対策 ・面平滑性及び耐焼き付き性に優れる Yコート タイプKAⅡ をコーティング。
効果

・従来の5倍以上の100,000ショットまで寿命延長。
・カジリ摩耗も微細で浅いため、リユースが可能。

樹脂成形加工における効果事例 1

テーマ

射出成形における品質向上

対象品:スクリュー3点セット(スクリューヘッド・逆止リング・シールリング)
加工材料:LDPE 表面処理:未処理、TiN処理
問題点 ・スクリュー3点セットに炭化物が付着し製品面の黒点不良を発生させるため、ロットアウトが月に3~4回発生。
対策 ・離型性が良く付着防止効果がある Yコート タイプBL をコーティング。
効果

・スクリュー3点セットに付着する炭化物が激減し、月のロットアウトがゼロとなり品質の安定性が大きく向上。

樹脂成形加工における効果事例 2

テーマ

樹脂成形金型腐食改善

部品名:機能品部品 工法:射出成形
樹脂材料:PA6T(ナイロン)、エンジニアリングプラスチック
金型材質:SKH51(HRC64) 表面処理:未処理
金型部位:可動側入子ピン/スライド部位
問題点 ・腐食性ガスの影響により約1ヶ月で金型が腐食損傷。定期的な洗浄と損傷部のラップメンテナンスが必要。
対策 ・耐食性に優れる Yコート タイプBL をコーティング。
効果

・1ヶ月超経過するも金型の腐食損傷が無く継続使用可能

樹脂成形加工における効果事例 3

テーマ

樹脂成形不良改善

部品名:コイル部品 成形温度:320℃
樹脂材料:
PPS(ポリフェニレンサルファイド)+GF 30%
スーパーエンジニアリングプラスチック
工法:射出成形 金型材質:HPM38(HRC52)
金型部位:
固定・可動側入子/スライド部位
表面処理:未処理
問題点 ・1,000ショット時点でエジェクターピンの突き出し痕が製品に転写されるため、定期メンテナンスが必要。
対策 ・離型性に優れる Yコート タイプBL をコーティング。
効果

・22,000ショット成形まで離型性良好で突き出し痕による製品不良ゼロ

アルミダイカストにおける効果事例 1

テーマ

アルミダイカストの型寿命改善

名称:固定・可動側チルベント 加工内容:アルミダイカスト(真空)
ワーク材料:ADC12 金型材質:SKD61
表面処理:窒化処理  
問題点 ・溶湯アルミが固定側・可動側ともに凝着を起こし真空度が出なくなるため定期的に磨きを行う。そのため摩耗により3~5万ショットで交換。
対策 ・耐凝着性・耐摩耗性に優れる Yコート タイプKC をコーティング。
効果

・耐凝着性・耐摩耗性が向上しメンテナンス無しで15万ショット可能

熱間鍛造加工における効果事例 1

テーマ

熱間鍛造加工の製品品質改善

金型名称:ベアリング部品 抜きパンチ 加工内容:抜き(分離)工程
ワーク材料:SUJ2 金型材質:SKD61
表面処理:イオン窒化 寿命:10,000~15,000ショット
問題点 ・刃先の熱ダレによるダレ摩耗、パンチ側面部に製品凝着があり製品不良。
対策 ・耐凝着性・耐摩耗性に優れる Yコート タイプKC をコーティング。
効果

・耐凝着性・耐摩耗性が向上し製品抜き面の品質安定と型寿命が43,000ショットに向上。


よくあるお問い合わせ

Yコートに関するよくあるご質問をご用意しています。ご確認下さい。

弊社へのお問い合わせ

Yコートに関するご質問などは、以下の工場・営業所までお気軽にお問い合わせ下さい。

高棚工場(営業・技術・生産)
東京営業所(営業)
北関東営業所(営業)
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る